本文へ移動

TOPICS

トピックス

令和元年度公益財団法人愛知県スポーツ協会スポーツ功労賞、スポーツ栄光賞の受賞者決定。
2020-02-17
令和元年度公益財団法人愛知県スポーツ協会の表彰受賞者が決定しました。
スポーツ功労賞に選ばれたのは鈴木千恵彦(豊橋クラブ)。昭和57年より愛知県ボウリング連盟の理事として、競技の普及および連盟の運営、会員への指導にあたるともに選手としても各種大会で上位入賞を果たすなど、まさに会員の模範であり、その多年にわたる貢献が評価され今回、スポーツ功労賞を受賞することとなりました。
 
スポーツ栄光賞には、第74回茨城国体で少年女子団体戦を制した皆越英次(春日井クラブ)、水谷秋穂(カニエクラブ)、近藤菜帆(名古屋グランドクラブ)、JOCジュニアオリンピックカップ第43回全日本高校選手権大会を制した齋藤翔(名古屋グランドクラブ)が選出された。皆越は4年連続、水谷は3年連続、近藤・齋藤はともに初受賞となりました。
 
表彰式は3月12日(木)にウィルあいちにて執り行われます。
TOPへ戻る